SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-07-04 18:12:30

マーケット

国内(株価・指標):20分ディレイ、海外(株価・指標):原則15分ディレイ(指数によって異なります)、為替:10分ディレイ

更新

ここでしか読めない!厳選レポートはこちら「アナリストレポート」

指数・為替・金利

ランキング

↑値上がり率上位

順位
銘柄 現在値 値上がり率
1 東電力HD 654 +12.95%
2 東京エネシス 1,058 +10.55%
3 トビラシステムズ 933 +8.87%
4 ラクス 1,720 +8.38%
5 Ubicom 2,450 +7.31%

↑業種別値上がり

順位
業種 現在値 値上がり率
1 電気・ガス業 403 +4.14%
2 鉱業 410 +2.79%
3 卸売業 1,996 +2.37%
4 その他金融業 695 +2.17%
5 証券商品先物 356 +2.11%

出来高上位

順位
銘柄 現在値 出来高
1 東電力HD 654 136,248,300
2 NF日経ダブイン 419 98,047,127
3 三菱UFJ 734.8 32,123,600
4 トヨタ自動車 2,113 21,443,400
5 ダブル・スコープ 1,924 17,590,500

売買代金上位

順位
銘柄 現在値 売買代金
1 NF日経レバ 12,810 150,086,498
2 レーザーテック 15,835 123,605,758
3 東電力HD 654 86,658,051
4 東京エレクトロン 42,410 81,805,916
5 ソフトバンクグル 5,283 67,565,215

経済カレンダー

日付 時刻 国地域 指標 前回 予想 結果
7/4(月) 8:50   日本 マネタリーベース(前年比)-6月 4.6% -- 3.9%
10:30   豪州 ANZ求人広告件数(前月比)-6月 0.4%⇒
1.0%
-- 1.4%
10:30   豪州 住宅建設許可件数(前月比)-5月 -2.4%⇒
-3.9%
-2.0% 9.9%
10:30   豪州 持家住宅ローン件数(前月比)-5月 -7.3%⇒
-1.7%
-4.5% 2.1%
15:00   ドイツ 貿易収支[季調済]-5月 35億EUR⇒
31億EUR
16億EUR -10億EUR
15:30   スイス 消費者物価指数(前年比)-6月 2.9% 3.1% 3.4%
15:30   スイス 消費者物価指数(前月比)-6月 0.7% 0.3% 0.5%
15:30   スイス 調和消費者物価指数(前月比)-6月 0.6% -- 0.5%
15:30   スイス 調和消費者物価指数(前年比)-6月 2.7% -- 3.2%
16:00   トルコ 消費者物価指数(前月比)-6月 2.98% 5.73% 4.95%
16:00   トルコ 消費者物価指数[コア](前年比)-6月 56.04% 58.41% 57.26%
16:00   トルコ 生産者物価指数(前年比)-6月 132.16% -- 138.31%
16:00   トルコ 生産者物価指数(前月比)-6月 8.76% -- 6.77%
16:00   トルコ 消費者物価指数(前年比)-6月 73.50% 79.95% 78.62%
17:30   欧州 センティックス投資家信頼感-7月 -15.8 -20.0 -26.4
18:00   欧州 生産者物価指数(前年比)-5月 37.2% 36.6% --
18:00   欧州 生産者物価指数(前月比)-5月 1.2% 0.9% --
22:00   シンガポール 購買部景気指数-6月 50.4 -- --
22:00   シンガポール 電子産業指数-6月 50.5 -- --
23:30   カナダ 企業景況感調査[予想売上]-2Q 5.00 -- --

レポート

7/4

7/4週は5日移動平均線上を回復して維持できるか要注目の週

27日(月)、FRBが行った銀行に対するストレステストの結果、対象となるすべての銀行が合格したことなどが好感されS&P500 が3%を超える大幅高となるなど、米国株が上昇して終えていたことが買い材料となった。日経平均は26,700円台に乗せて始まりしばらくもち合いが続いていたが、10時過ぎごろから買いが優勢になると、株価水準を切り上げて午前の取引を終え・・・

朝イチ情報

7月4日

<相場の読み筋>

 前週末1日の米国株式は、NYダウが前日比321.83ドル高の3万1097.26ドルと反発、ナスダック総合指数が同99.109ポイント高の1万1127.845ポイントと5日ぶりに反発して取引を終了。出来高概算は、NY市場が9億2945万株、ナスダック市場が47億6540万株だった。米6月ISM(サプライマネジメント協会)製造業景気指数が53.0となり、市場予想平均54.5を下回った。景気の減速が警戒され、金利上昇のペースが緩むとの見方が台頭。米10年物国債の利回りが一時2.7%台に低下(価格は上昇)し、幅広い銘柄が買われた。NYダウ採用銘柄では、マクドナルドやコカ・コーラ、ボーイングなどが値上がり率の上位に入っている。

 4日の東京株式は反発後、もみ合いか。日経平均株価は、前週末1日にかけて3日続落し1100円を超える下げとなっていた反動や、現地1日の米国株式が反発したこともあり、買い先行のスタートとなろう。ただ、手がかり材料に欠けるなか、米国株式市場は現地4日、独立記念日で休場となることもあ...

ニュース

※為替レートはThomson Reuters提供の参考レートであり、当社における実際の取引レートとは異なります。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ご注意事項

ヘルプ

  • オンラインセミナー
  • 【米国株式信用取引リリース直前!】米国株式信用口座開設で200円相当の米ドルプレゼント!キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.