SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-12-06 03:16:41

マーケット > 朝イチ情報

FX 週間為替展望

(通常毎週第一営業日9:00頃更新)

週間為替展望 21/11/29〜21/12/03

先週末にドイツやオランダ、英国でもオミクロン型の感染者が確認され、NY州は全世界への渡航を禁じる緊急事態宣言を発令するなど、今週の感染状況が注目されます。先週末に、前日から10.24ドル安の63.15ドルと9/9以来の安値まで下落した原油価格が一段と下げる可能性もあり、クロス円も含めた円買いが継続する可能性に注意が必要です。こうした状況下、11/29および11/30に発言が予定されるパウエルFRB議長が、先行きの米経済について慎重な見通しを示すことになれば、先週末の安値(113円06銭)を下抜ける可能性に注意が必要です。12/3には米11月雇用統計の発表があるものの、オミクロン型の状況次第では、雇用統計が予想を上回った場合でも、反応が一時的に留まる可能性があるほか、同日は、米国の暫定予算の期限を迎えることから、その行方も注目されます。バイデン大統領の支持率が低下傾向を辿る中、共和党が対決姿勢を強めれば、予算審議が紛糾する可能性もあり、12 月中にも再び債務上限の引き上げ、または適用凍結が必要となるかもしれません。政治的不透明感の高まりやオミクロン型の状況次第では、NY株式市場や原油価格の更なる下落を招くことになり、3/31の高値(110円97銭)と7/2の高値(111円66銭)を結んだライン(11/26時点:112円88銭)が下抜け一段安となるか注目されます。

ユーロ円は三役逆転の状況にあり、先週末のユーロの反発が一過性に終わり、ドル円も113円割れまで下落した場合には、先週末の安値を更新する可能性に注意が必要かもしれません。先週末には、ドイツやイタリア、オランダなどでオミクロン型の感染が検出。そのため、今週さらに感染拡大となればドイツでも行動制限が発動される可能性もあるだけに、週明けからユーロの対ドル、対円での反落の可能性に注意が必要です。ユーロは11/26に日足・転換線を回復後、下値支持線として意識されたものの、日足・転換線1.1285ドル)を下回る可能性に注意が必要です。一方、ユーロ円は今年8/19-8/20、9/21-9/22、さらに11/19や先週末11/26の下値メドとなり、下げ止まりを見せた128円00銭付近が上値抵抗線として意識される場合には一段と下落に注意が必要です。今週11/29および11/20発表のドイツやユーロ圏10月消費者物価指数のほか、パウエルFRB議長の発言や米11月雇用統計に対する反応にも合わせて注目です。

先週末にドイツやイタリア、オランダに続き、英国でもオミクロン型の感染者数が2名確認されたことやNY州では世界的に渡航制限が設けられるなど、緊急事態宣言が発令されたことから、先週後半以降のリスク回避の動きが一段と高まる可能性に注意が必要です。こうした状況なだけに、英中銀の12月の利上げ観測が後退すれば、ポンドは対ドルで下落基調にある日足・転換線の低下に沿って上値の重い値動きを続けることになるかもしれません。また、ポンド円は200日移動平均線(11/26時点:152円47銭)や日足・雲の下限(153円59銭)が上値抵抗線として意識される可能性があるほか、三役逆転の状況にあることから7/20の安値(148円46銭)と9/21の安値(148円95銭)を結んだライン(11/26時点:149円54銭)を下抜け、9/21の安値や7/20の安値を目指して一段安となる可能性もあるだけに注意が必要です。

既に先週末には欧州各国でオミクロン型の感染が確認されたことから、先週末から続くリスク回避の流れが一段と進む可能性に注意が必要です。そのため、週明けの日経平均株価が先週末に続き、一段と下落を加速させる可能性のほか、欧米株先物の動向次第ではドル円が113円割れまで一段と下落する可能性も想定する必要があるかもしれません。豪ドル円は、8/20の安値(77円89銭)と9/22の安値(78円85銭)を結んだライン(11/26時点:80円77銭)が下値支持線としてサポートするか、このラインを上値抵抗線として意識することになれば80円割れまで下落を加速させる可能性もあり、原油価格や主要各国の株価指数の動向が注目されます。加えて、12/1に発表される豪7-9月期GDPは、ロックダウンの影響で前期比マイナス2.7%程度と予想されており、早期利上げ観測を強める材料にはならないとの見方のほか、オミクロン型の感染状況次第では10-12月の回復を抑制する可能性もあるだけに、そうした思惑を背景にした豪ドルの下落には注意が必要です。

相場の見通し
(21/11/29〜21/12/03)
米ドル−円
短期(1ヶ月) もみ
あい
中期(3ヶ月) もみ
あい
長期(6ヶ月) -
週間予測 高値 114.30
安値 112.50
ユーロ−円
短期(1ヶ月) もみ
あい
中期(3ヶ月) もみ
あい
長期(6ヶ月) -
週間予測 高値 129.70
安値 126.70
豪ドル−円
短期(1ヶ月) もみ
あい
中期(3ヶ月) もみ
あい
長期(6ヶ月) -
週間予測 高値 82.00
安値 79.00

提供:SBIリクイディティ・マーケット


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

  • オンラインセミナー
  • 不動産STO

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.