SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-01-24 02:39:26

マーケット > 朝イチ情報

国内市況 デイリーコメント

 2019年1月23日(水)  大引け

更新 : 2019/1/23 16:00
(更新予定時間:12:45頃/16:15頃の1日2回)

今日の株式市況

23日の日経平均株価は前日比29円安の2万593円と小幅続落。TOPIXは同9ポイント安の1,547ポイント。騰落銘柄数は値上がり469銘柄、値下がり1,586銘柄、変わらず72銘柄。朝方は、世界的な景気減速懸念を背景に22日の米国株式が下落した流れを受け、売りが先行した。米中協議への期待後退もあり、日経平均株価は寄り付き直後に2万438円(前日比184円安)まで下落する場面があった。一巡後は、対ドルでの円弱含みなどを支えにいったん上げに転じ、後場の早い段階で一時2万686円(同63円高)まで上昇した。その後の上値は重く、大引けにかけては再度マイナス圏に押し戻された。新規の手掛かり材料に乏しく、手控え気分が強まった。

前日の米国市場

22日の米国株式は、5日ぶりに反落した。NYダウが前週末比301ドル安の2万4,404ドル、ナスダック総合指数が同136ポイント安の7,020ポイントで取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が9億7,290万株、ナスダック市場が23億608万株だった。IMF(国際通貨基金)は21日、19年の世界経済見通しで成長率を従来予想の年3.7%から同3.5%に引き下げた。日本や欧州主要市場の株価が下落した動きを受け、売りが先行。NYダウは、直近4日間で800ドル近い上昇をみせていたこともあり、短期的な利益を確定する売りが優勢となった。

業種・個別株動向   

業種別(東証33業種)株価指数は値上がり2、値下がり31。値上がりは情報通信、精密。値下がり率上位は石油石炭製品、鉱業、ゴム製品、小売、パルプ紙など。ソフバンG<9984>、NTTデータ<9613>などの情報通信株が高く、テルモ<4543>、ニコン<7731>などの精密株も堅調。半面、JXTG<5020>、コスモエネH<5021>などの石油石炭製品株や、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が軟調。ブリヂス<5108>などのゴム製品株も売られた。Jフロント<3086>、ZOZO<3092>などの小売株や、王子HD<3861>、日本紙<3863>などのパルプ紙株も安い。

新興市場・IPO

新興市場で日経ジャスダック平均株価は3日続落。シベール<2228>、アクセスGH<7042>、タツミ<7268>、両毛システム<9691>、エスプール<2471>などが下落。半面、歯愛メディ<3540>、細田工務<1906>、アサカ理研<5724>、ズーム<6694>などが上昇。

主要指標(19/1/23 大引け)

日経平均株価

20,593

-29

日経平均先物

20,560

±0

TOPIX

1,547

-9

日経ジャスダック平均

3,339

-6

  • ※日経平均先物に関しては、前引けは11時30分、大引けは15時15分の更新となります。

注目ニュース(毎日10:00更新)

●芙蓉リース<8424>米独立系大手リース会社PRCを、持分法適用関連会社とした。
●ダイヤHD<6699>連結子会社による田淵電機の際三者割当増資の引受けを完了し、孫会社とした。
●ブリヂス<5108>欧州子会社が、オランダのTom Tom社のデジタルフリートソリューション事業を買収する。
●新日建物<8893>シンガポールに子会社を設立した。
●東芝<6502>グループ会社の東芝デベロップメントエンジニアリングと東芝電子エンジニアリングを統合する。
●電通<4324>米国デジタルマーケティング会社「フィルター社」の持分100%を取得で合意した。
●京急<9006>神奈川県と「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結した。
●アステラス薬<4503>KMバイオロジクスとの、ヒト用ワクチン等および血漿分画製剤の販売提携契約が満了する。
●ノーリツ<5943>音声で浴槽自動洗浄できるIoT給湯器リモコンが、スマートスピーカーに対応する。
●JR西日本<9021>サンリオと、「ハローキティ」とコラボした関空特急「はるか」のオリジナルラッピング列車を運行する。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.