SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-05-30 03:47:51

マーケット > 朝イチ情報

国内市況 デイリーコメント

 2020年5月29日(金) 大引け

更新 : 2020/5/29 16:00
(更新予定時間:12:45頃/16:15頃の1日2回)

今日の株式市況

29日後場の日経平均株価は前日比38円安の2万1,877円と5日ぶりに小反落。TOPIXは同13ポイント安の1,563ポイント。騰落銘柄数は値上がり674銘柄、値下がり1,438銘柄、変わらず58銘柄。朝方は、米中対立の激化懸念から28日の米国株式が反落した流れを受け、売りが先行した。直近4連騰の反動で利益確定売りが出やすく、日経平均株価は寄り付き直後に2万1,800円を割り込んだ。その後いったん下げ渋ったが、買いは続かず、再び軟化。時間外取引での米株価指数先物安が重しとなり、一時2万1,710円(前日比205円安)まで下押した。一巡後は持ち直し、後場に入り上げに転じた。先物に断続的な買いが入り、一時2万1,955円44銭(同39円高)まで上昇する場面があった。ただ、買いは続かず、大引けにかけて弱含んだ。

前日の米国市場

28日の米国株式は、NYダウが前日比147ドル安の2万5,400ドルと3日ぶりに反落、ナスダック総合指数が同43ポイント安の9,368ポイントと4日ぶりに反落して取引を終了。米週間の新規失業保険申請件数は212万3,000件で、市場予想平均の210万件よりも悪かったものの、前週の244万6,000件から減少。足元での雇用情勢の落ち着きを受け、NYダウは上昇する場面もみられた。ただ、中国が香港に国家安全法を導入する方針を採択したことに対し、トランプ米大統領が29日に記者会見を行うと報じられると、米中対立の激化を懸念し、一転して売りに押された。

業種・個別株動向   

業種別(東証33業種)株価指数は値上がり5、値下がり28。値上がりは医薬品、精密、情報通信など。値下がり率上位は鉄鋼、海運、空運、輸送用機器など。第一三共<4568>、中外薬<4519>、大塚HD<4578>などの医薬品株が堅調。テルモ<4543>、オリンパス<7733>などの精密株や、日本オラクル<4716>、NRI<4307>などの情報通信株も高い。半面、日本製鉄<5401>、JFE<5411>、神戸鋼<5406>などの鉄鋼株や、川崎汽<9107>、商船三井<9104>、郵船<9101>などの海運株が下落。JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株も安い。日産自<7201>、トヨタ<7203>、三菱自<7211>などの輸送用機器株も売られた。

新興市場・IPO

新興市場で日経ジャスダック平均株価は11営業日続伸。中京医薬<4558>、グロームHD<8938>がストップ高となり、KeyH<4712>、日本ラッド<4736>、サンライフH<7040>なども上昇。半面、大日光<6635>、JHD<2721>、第一商品<8746>などが下落。

主要指標(20/5/29 大引け)

日経平均株価

21,877

-38

日経平均先物

21,810

-220

TOPIX

1,563

-13

日経ジャスダック平均

3,415

+19

  • ※日経平均先物に関しては、前引けは11時30分、大引けは15時15分の更新となります。

注目ニュース(毎日10:00更新)

●山パン<2212>「台湾ドーナツ(練乳風味)」「台湾ドーナツ(ミルクティー風味)」を発売。
●鳥貴族<3193>直営店の営業再開について発表。
●アキレス<5142>レインブランド「アマネ」からオールウェザースニーカー2タイプを発売。
●アース製薬<4985>とらふぐ料理専門店を展開する関門海と販売包括契約を締結。
●NTTドコモ<9437>鯖やグループとICTを活用した新たなサバ養殖モデル確立で業務提携契約を締結。
●サカタのタネ<1377>園芸愛好家向け通信販売カタログ「家庭園芸2020 夏秋号」を発行。
●日立<6501>画像診断関連事業を富士フイルムに譲渡。
●近鉄百<8244>営業時間を短縮して営業を再開。
●リズム時<7769>米・Datadogのパートナープログラムで「Gold Tier Partner」に認定。
●松井証<8628>投資信託サービスに関する「金融商品定期定額取引金額計算システム」について特許権を取得。


提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3つの無料化
  • FX 勝負の低スプレッド!
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.