SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-07-18 22:00:58

ホーム > 資産運用のススメ 〜リバランスをしてみよう!〜

資産運用のススメ 〜リバランスをしてみよう!〜

リバランスとは?

資産運用の代表的な手法として、『分散投資』が挙げられます。『卵を1つのカゴに盛るな』という投資格言があるように、投資対象を複数の資産や国、通貨に分散することで、リスクを極力うまくコントロールしながら、資産運用を行う手法です。

リバランス』という言葉は、『分散投資』と非常に強い関係を持つ言葉です。たとえば、100万円の資産を株・債券・コモディティー・貯金に25万円ずつ振り分けて投資し、1年後、資産全体で120万円に増えたと仮定します。そして、その際の内訳は下図のようになっていたとします。

図1:分散投資とその結果の例

資産運用をした結果、資産は増えたものの、1年前のアロケーションがしっかりと分散投資によって、リスクがコントロールされていたのに対して、1年後のアロケーションは日本株にかなりの影響を受けやすい状態になってしまっていることが分かるかと思います。

そこで、もう一度、各資産の配分を25%ずつに戻すために、儲かった日本株と債券の一部を売却し、その売却代金でコモディティーを買い増します。これを『リバランス』といいます。

リバランス』の効果はリスク分散だけにとどまりません。値上がりによって、割高感の出てきた資産(割安感のなくなった資産)を売却し、割高感のなくなった資産(割安感の出てきた資産)を買うことによって、非常に合理的なリターンの追求も可能にしてくれるのです。

図2:リバランス後のアロケーション例

リバランスのタイミングは?

相場を読むことは非常に難しいです。この半年間の日経平均のように、上がっているものはまだ上がり続ける可能性がありますし、下がっている資産は理由があって下がっているわけですから、まだまだ下がり続けるかもしれません。そう考えると、『リバランス』などしない方がいいように感じるかもしれません。ただ、資産運用を中長期的に考えたとき、そこに相場の読みばかりを入れていると、結局のところ上手くいかないケースが多く見られます。そこで、資産の比率を決めて、機械的に比率を戻す(リバランス)ように、『リバランス』を行うタイミングも機械的に決めてしまうことが重要です。期間としては、四半期、半年、1年のいずれかで『リバランス』をすることが一般的に知られています。

リバランス』のタイミングはもっと短い間隔で頻繁に行った方がよいと思われるかもしれませんが、取引には手数料などの取引コストがかかるため、頻繁に取引を行うと、その分だけ手数料等の取引コストがリターンの重石になってしまいます。

  • ※当該実績は過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • 成績表
  • FX口座解説&お取引で最大100,000円キャッシュバック!

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.