SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-06-18 22:39:28

ホーム > 立会開始前および引け(前場・後場)における同一銘柄での信用新規売(空売り)の受注制限について

立会開始前および引け(前場・後場)における同一銘柄での信用新規売(空売り)の受注制限について

当社では、平成28年1月29日(金)大引け後より、「金融商品取引法施行令」、「有価証券の取引等に関する内閣府令」(空売り価格規制)および東京証券取引所「呼値に関する規則」の潜脱目的と疑われる可能性がある信用新規売(空売り)の分割発注を未然に防止するために、立会開始前および引け(前場・後場)における同一銘柄での信用新規売について、以下の受注を制限させていただきます。

受注制限内容

立会開始前(前場・後場)

✓「成行」「指値」および執行区分「寄指」「寄成」を用いた同一銘柄での信用新規売において、50単元以下の注文を2回以上発注した結果、累計数量が51単元以上となる場合、累計数量が51単元以上となるご注文は受注制限の対象となります。

(※)指値注文による1回あたり51単元以上の信用新規売は発注が可能です。

(例)立会開始前の2回目以降の注文について

引け(前場・後場)

✓執行区分「引指」「引成」「不成」を用いた同一銘柄での信用新規売において、50単元以下の注文を2回以上発注した結果、累計数量が51単元以上となる場合、累計数量が51単元以上となるご注文は受注制限の対象となります。

(※)執行区分「引指」による1回あたり51単元以上の信用新規売は発注が可能です。

(例)引けの2回目以降の注文について

ご注意事項

  • 2回以上発注した信用新規売の累計数量が50単元以下の場合には、発注が可能です。
  • 期間指定注文で発注し、翌日以降も未約定の場合には、約定までの期間において立会開始前の合算対象となります。
  • 51単元以上の「成行」または「トリガー価格(前日の終値より10%下値)以下の指値」での信用新規売は発注できません。
  • トリガー抵触銘柄については、前日終値または直前値よりDown Tick約定(安い値段での約定)となる注文は取引所にて失効されます。
  • 適格機関投資家に該当されるお客さまは、1単元の信用新規売から「空売り価格規制」が適用されます。
  • 51単元以上の信用新規売注文を発注される場合には、50単元以下に分割せず、一括発注をお願いいたします。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 銘柄を選ぶなら?テーマ!キャンペーン実施中!
  • ご紹介プログラム 今なら紹介を受けた方も現金獲得のチャンス!
  • 成績表

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.