SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-01-20 00:03:41

ホーム > 投資を学ぼう > 日経平均株価とは

日経平均株価とは

日経平均株価の概要

日本で最も有名な株価指数です。日本を代表する株価指数として国際的にも広く認められており、日経平均株価を原資産としたデリバティブ取引も非常に豊富です。東証一部に上場している銘柄の中から、流動性(取引の活発さ)などを考慮した225銘柄が採用され、定期的に入替が行われます。算出開始は1950年9月7日です。

算出方法

構成銘柄の株価の合計を「除数」で割って算出する株価平均型の指数です(厳密には、各銘柄ごとに設定されたみなし額面に基づいて換算された上で合算されます)。構成銘柄の入替時には、除数を調整し指数の連続性を保つようにしています。

入替時期

原則として年1回(毎年10月)です。市場の流動性や、業種ごとのバランスを考慮し定期的に見直されています。経営統合や上場廃止などの理由により欠員が出る場合には適宜入れ替えが行われます。

業種別の主な銘柄 (2016/8/26現在)

日経平均への投資方法 ・ 活用方法

日経平均への投資方法としてETF(上場投資信託)や投資信託を活用する方法があります。具体的には日経平均に連動する投資成果を目指して運用を行うETF(上場投資信託)や投資信託に投資をする方法です。

日経平均に関連した代表的なETF

日経225関連国内ETF
取引 チャート コード 銘柄
現買信買 チャート 1321 日経225連動型上場投資信託
現買信買 チャート 1320 ダイワ上場投信−日経225
現買信買 チャート 1330 上場インデックスファンド225
現買信買 チャート 1346 MAXIS 日経225上場投信
現買信買 チャート 1329 iシェアーズ 日経225 ETF
日経平均レバレッジ・インデックス関連国内ETF
取引 チャート コード 銘柄
現買信買 チャート 1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
現買信買 チャート 1579 日経平均ブル2倍上場投信
現買信買 チャート 1365 ダイワ上場投信−日経平均レバレッジ・インデックス
現買信買 チャート 1458 楽天ETF−日経レバレッジ指数連動型
現買信買 チャート 1358 上場インデックスファンド日経レバレッジ指数

日経平均に関連した代表的な投資信託

日経平均株価は、株価が大きい銘柄(値がさ株)の影響が大きい

日経平均株価は、ほぼ単純平均に近い算出方法を採用しています。そのため、それぞれの銘柄の時価総額よりも、株価そのものの大きさが指数に与えるインパクトを左右する傾向にあり、市場全体の動きを必ずしも反映しないことがあります。

日経平均株価とTOPIXのパフォーマンスに差があるときは?

この2つの株価指数のパフォーマンスに差があるときにはどう考えればよいのでしょうか?
下に、その解釈の例をあげてみました。

日経平均株価の上げ幅がTOPIXを上回るとき

・ ファーストリテイリングやソフトバンクなど特定の銘柄の上げ幅が大きい
・ 電気機器や情報・通信業などハイテク関連銘柄の上げ幅が大きい

TOPIXの上げ幅が日経平均株価を上回るとき

・ 銀行、証券、商社、鉄鋼、陸運、電気・ガスなど、いわゆる伝統的な業種の上げ幅が大きい
・ 時価総額が大きい銘柄の上げ幅が大きい

この2つの関係を分析するときに用いられるのがNT倍率です。NT倍率とは日経平均株価をTOPIXで割ったものです。景気の拡大局面では敏感に反応する業種のウェイトが高い日経平均株価の上げ幅がTOPIXを上回り、その結果としてNT倍率が上がると言われており、景気の転換点を測る指標とされてきました。

最近では、日経平均株価における特定の銘柄の影響が大きくなってしまっているため、中長期的な指標としてはあまり参考にはならなくなっています。ただしその一方で、短期的な収益を狙い先物やオプションを活用する投資家からは、依然として一定の注目を集めているようです。NT倍率が大きくなっているということは、日経平均株価が日本経済の実力値(≒TOPIX)よりも高く評価されているからであり、その歪みが近い将来修正される可能性があるだろうという考え方が、その背景にあります。

ご注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について新しいウィンドウで開きます。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら新しいウィンドウで開きます。

ETF/ETN投資に関する留意事項

  • 元本保証はございません。
  • ETF/ETN一口当たりの純資産額と連動を目指す特定の株価指数等が乖離する可能性がございます。
  • 市場価格とETF/ETN一口当たりの純資産額が乖離する可能性がございます。
  • 日本取引所によるリンク債・OTCスワップ型ETF等の対応に係る通知については、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETFの信用リスク新しいウィンドウで開きます。(日本取引所グループのWEBサイト)
  • ETNは発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETN価格の下落又は無価値となる可能性があります。ETNの投資リスクについては、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETNの投資リスク新しいウィンドウで開きます。
  • ETNは、貸株サービスの非対象銘柄です。
  • その他の事項につきましては、日本取引所グループのWEBサイトの「投資リスク」の欄や目論見書等でご確認ください。
    日本取引所グループのWEBサイト(ETF)はこちら新しいウィンドウで開きます。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • ご紹介プログラム 今なら紹介を受けた方も現金獲得のチャンス!
  • 成績表

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.