SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-10-17 08:41:56

プラチナ投資をポートフォリオにどう組み込むか

提供:SBIゴールド

これまで何度かプラチナを取り巻く側面についてコラムでとりあげてきました。今回は、単刀直入に、プラチナ投資とその視点について考えてみたいと思います。

金・プラチナ価格に影響を与えるもの

金もプラチナも、インフレヘッジのための投資や地政学的リスクに備えての投資として取り上げられます。今後の注目材料は、米国FRBのイエレン議長の再任の有無、利上げの動向などでしょう。それにより、金やプラチナ価格は影響を受ける可能性があります。一般的には、利上げが行われると金価格には下げ圧力が強まる傾向にあると考えられています。ただ、現在の国際環境を見渡せば、地政学的リスクもあるため、こうした複合的な要素が、プラチナ投資にどのように影響を与えるか常に注意しておかなければなりません。

次に、金とプラチナの特徴をおさらいしながら、ポートフォリオについての一視点を検討したいと思います。

投資する上での着目点

以下は、金とプラチナに関する特徴を比較したものです。注目すべきは、通貨的側面があるかという点です(注1)。金は通貨としての代替的役割を果たすことができます。究極の通貨という側面もあります。これが地政学的にリスクに強い点です。

金とプラチナの特徴比較

 

プラチナ

現在の価格の状況
※ドル建てで比較

現時点ではプラチナを上回る

現時点では、金を下回る

通貨的側面

あり

なし

使われ方(需要的側面)

投資的側面、ジュエリー

投資的側面、工業用、ジュエリー

需要量

多い。数千トンレベル

少ない。数百トンレベル

埋蔵分布

ほぼ世界的

南アフリカ、ロシアに集中

特質を言葉でまとめると

貴金属の王様的役割

きらりと光る希少性=王様の参謀か?

  • SBIゴールド作成

一方、プラチナは、通貨的側面はなく、工業需要、景気などに左右され、金の陰に隠れがちな面を持っています。希少性では勝るとも劣らないプラチナですが、投資するかどうか、またいつ投資するかという点についてはなかなか判断が難しい点があります。それは表に示したようなプラチナの特徴からも来ていると思われます。

そこで、プラチナ投資においては、金も含めてプラチナを商品や割合によって分散投資して、一定期間で見直しながらポートフォリオを組み直していくという方法が考えられます(注2)。換言すると、株式や債券のポートフォリオに、現物資産としての金・プラチナなどの貴金属投資を複数組み込み、経済状況、地政学的リスクを見直し期間を設定して、調整機能を働かす、こうした視点と手法が必要と思われます。先述の表でいえば、王様としての金の「参謀的」な役割としてプラチナをとらえて投資するというのも一つの手法と考えられると思います。

補足的なこと

最後に補足的なことを1点述べたいと思います。

それは、自動車排ガス浄化、水素自動車の動向などプラチナ関連技術の動向は注意を払っておくべきであろうということです。いま目の前にある技術ですので、こちらは今後も注意を払っていきたいところです。また将来的なプラチナ関連技術などにもアンテナを張りたいところです。

いずれにせよ、プラチナを含めた投資戦略立案は、今すぐ開始してもよいと思います。

  • (注1)金のこの特徴については、亀井幸一郎氏の卓見が以下に示されています。
  • 新しいウィンドウで開きます。http://president.jp/articles/-/21613 ※外部サイト(PRESIDENT Online)に遷移します。

  • (注2)上記の中で、亀井氏は、補完的な意味合いでプラチナに投資することに言及されています。

当コラムに関してご留意頂きたい事項

  • 当コラムは投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 当資料に示す意見等は、特に断りのない限り当資料作成日現在のSBIゴールド(株)の見解です。当資料に示されたコメント等は、当資料作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
  • 本資料は当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、完全性等について保証・約束するものではありません。

ご注意事項

  • 買付時の手数料は、売買代金の2.16%(税込)、売却時の手数料は無料です。
  • 本取引は金・プラチナの価格変動により、投資元本を割り込むことがあります。
  • 本取引は、政治・経済情勢の変化および各国政府の貴金属地金取引への規制等による影響を受けるリスクがあります。
    また、かかるリスクが顕在化した場合、当社の提供するサービスの全部、または一部が変更、停止されるリスクがあります。
  • 本取引は為替相場の変動により損失を被ることがあります。
  • 本取引は、システム機器、通信機器等の故障等、不測の事態による取引の制限が生じるリスクがあります。
  • 本取引は売値(Bid:お客様が売ることの出来る値段)と買値(Ask:お客様の買うことのできる値段)の差(スプレッド)があります。
  • スプレッドは固定されるものではなく、需給バランスや、政治・経済情勢の変化にともない、当社の任意で変更いたします。

お客様サイトへログイン

システム障害時の対応

金・銀・プラチナの投資情報

  • 超CFDスタートキャンペーン!CFD手数料最大10,000円還元!

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.