SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-12-12 13:55:20

マーケット > レポート > 関連銘柄レポート(自動車、AI・ロボット)

関連銘柄レポート(自動車、AI・ロボット)

自動車、AI・ロボット関連銘柄レポート

自動車・自動車部品業界のアナリストとして30年以上のキャリアを持つ当社専属アナリスト遠藤功治による「自動車、AI・ロボット関連銘柄レポート」がスタートいたしました。
証券アナリスト歴・通算35年。そのうち、約30年間、自動車・自動車部品業界に携わり、多くの自動車部門のアナリストランキングで上位を獲得。最近では、自動運転、人工知能(AI)、ロボット分野のリサーチにも注力するなど、その豊富な知識と語学力を生かしたグローバルな市場分析には定評があります。
「100年に一度の大変革をもたらす」とも言われる「自動運転技術」など、注目を集める自動車業界。AI・ロボット分野とも融合しながら、今後ますます重要となる同セクターの分析に「自動車、AI・ロボット関連銘柄レポート」をぜひご活用ください。

ログインいただくと「関連銘柄レポート(自動車、AI・ロボット)」に関する情報を無料でご覧いただけます。

証券総合口座を開設すると、自動車、AI・ロボット関連銘柄レポートをはじめとする多彩な情報をご覧いただけます!

口座開設はこちら 口座開設料無料

遠藤 功治 (えんどう こうじ)

SBI証券 投資調査部(自動車、AI・ロボット担当 シニアアナリスト)

1984年に野村證券入社、以来、SGウォーバーグ、リーマンブラザーズ、クレディスイス他、外資系投資銀行にて活躍、証券アナリスト歴は通算35年に上る。うち、約30年間が、自動車・自動車部品業界、3年間が電機・電子部品業界の業界・企業分析に携わる。その間、日経アナリストランキングやInstitutional Investors ランキングでは、常に上位に位置(2000年日経アナリストランキング自動車部門第1位)。その豊富な業界知識と語学力を生かし、金融業界のみならず、テレビや新聞・雑誌を中心に、数々のマスコミ・報道番組にも登場、主に自動車業界の現状分析につき、解説を披露している。また、“トップアナリストの業界分析”(日本経済新聞社、共著)など、出版本も多数。日系の主要な自動車会社・部品会社に招かれてのセミナーや勉強会等、講義の機会も多数に上る。最近では、日本経団連や外国特派員協会での講演(東京他)、国連・ILOでの講演(ジュネーブ)や、ダボス夏季会議での基調講演など、年間10回前後の海外出張を通し、海外の自動車・自動車部品メーカー、また、大学・研究機関・国連関係の知己も多い。2016年7月より、SBI証券に移籍、引き続き自動車・自動車部品関係のリサーチを担当すると供に、最近では、新素材、自動運転(ADAS)、人工知能(AI)、ロボット分野のリサーチにも注力している。ネットメディア大手の、“Japan in depth”の自動車業界関連記事も担当、幅広い読者に支持を得ている。

遠藤 功治 (えんどう こうじ)

ご注意事項

本レポートに関するご注意事項

  • 本資料は日本国内の投資家向けに投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、個別の銘柄の売買推奨や、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。本資料の内容は作成時点のものであり、信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成したものですが、正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載の情報、意見等は予告なく変更される可能性があります。過去の実績値にもとづき推定された将来のパフォーマンス等に関する内容はあくまでもシミュレーションであり、お客さま個々人の運用成果等を保証または示唆するものではありません。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • その他本レポートをご利用するにあたっての留意事項はレポート本文末尾のご注意事項をご確認ください。

SBI証券作成のアナリストレポートのレーティング・投資判断等について

  • 当該レポートで表示するレーティング・投資判断等は、対象となる銘柄ごとに作成・提供主体であるSBI証券のアナリストが執筆時点において独立した立場で評価・分析したものです。同一銘柄に関してモーニングスター社等、他の作成主体が提供するアナリストレポートが別にある場合であっても、その同一銘柄に関するレーティング・投資判断等は、それぞれの作成主体独自の算定方法・基準日・考え方等に基づいており、SBI証券のレポートとは投資判断等の結果は異なりますのでご留意ください。

【手数料及びリスク情報等】

  • SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.