SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-10-18 01:34:10

ホーム > 会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

各 位

株式会社SBI証券

SBI証券、「つみたてNISA」の予約受付開始のお知らせ
〜抽選で現金1,000円をプレゼントするキャンペーンも実施〜

平成29年9月21日

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:村正人、以下「当社」)は、2017年9月22日(金)より「つみたてNISA」の予約受付※1を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

「つみたてNISA」は、2018年1月より開始される新たな少額投資非課税制度です。年間40万円の非課税投資枠が最長20年間利用でき、「長期」「積立」「分散投資」により家計における少額からの資産形成を促進するものとして期待されています。
当社はこれまで投資信託の積立において、最低設定金額の100円への引き下げや積立買付手数料を実質無料化(全額キャッシュバック)するなど、個人投資家の皆さまが、より少額かつ低コストで資産形成が始められる環境を提供してまいりました。さらに、2017年10月中旬には、毎日積立をはじめとした複数日積立コースの新設などを予定しており、新たなサービス拡充にも積極的に取り組んでおります。

また、このたびの「つみたてNISA」の予約受付開始に伴い、2017年10月2日(月)から12月29日(金)までの期間にNISA口座(NISAまたは「つみたてNISA」)を開設されたお客さまの中から抽選で1,500名様に1,000円をプレゼントするキャンペーンを実施いたします。

当社は、「つみたてNISA」がさらに多くの個人投資家の皆さまの安定的な資産形成に寄与するものと期待しております。当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力的な投資商品・サービスの提供に努めてまいります。

<参考>NISA・つみたてNISAの比較

つみたてNISA

NISA

対象者

日本在住で20歳以上※2

必要提出書類

マイナンバー※3

金融機関変更

非課税投資枠

40万円/年

120万円/年

非課税期間

最長20年間

最長5年間

口座開設期間

2037年まで

2023年まで

対象商品

投資信託等
(定期定額の買付※4)

上場株式、投資信託等

ロールオーバー

不可※5

※1 このたびの予約受付はNISA口座開設済み、かつマイナンバー登録済みのお客さまが「NISA」から「つみたてNISA」へ勘定変更される場合のお手続きとなります。

※2 NISA口座を開設される年の1月1日現在で満20歳以上の居住者等に該当するお客さまがお申込みいただけます。

※3 別途、口座開設届出書が必要になります。2018年分以降の口座開設より、住民票等を不要としマイナンバーに一本化する手続きへと変更されました。

※4 一定の指数に連動するもののほか、手数料や信託期間、純資産等について一定の条件を満たした商品になります。当社の取扱商品について、詳細は後日WEBサイトにてご案内いたします。

※5 NISAからつみたてNISAへのロールオーバー、つみたてNISAからNISAへのロールオーバーも制度上認められていません。

<金融商品取引法に係る表示>
商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券の証券総合口座の口座開設料・管理料は無料です。
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 400万口座キャンペーン
  • ご紹介プログラム 今なら紹介を受けた方も現金獲得のチャンス!
  • 成績表

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.