SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-11-29 05:47:55

ホーム > キャンペーン > 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン

現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン

現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン

キャンペーン期間:2021/9/16(木)〜10/29(金)※約定日基準

現物取引をされているお客さま必見!信用取引を始めてみませんか?また、しばらく信用取引をされていなかったお客さま!おかえりなさいませ。

今なら、キャンペーン期間中にエントリーをし、はじめて信用取引をされた方 or 久しぶりに信用取引された方の信用取引手数料をキャッシュバック(上限5,000円)いたします!

ぜひお得なこの期間に信用取引を始めてみてはいかがでしょうか?

本キャンペーンにご参加いただくにはエントリーが必要です。

今すぐエントリー

信用取引3つのメリット

株価上昇時も株価下落時も利益を狙える

少ない資金でより大きな利益を狙える

塩漬け株や投資信託も保有したまま信用取引の担保に

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」には口座開設は完了できます!

※信用取引において必要となるその他諸費用の詳細は信用取引のサービス概要をご確認ください。

みんなが信用取引でトレードしている銘柄は?

2021/9/1〜9/7の期間中、当社のお客さまが信用取引されることの多かった銘柄TOP10です

キャンペーン概要

期間

2021/9/16(木)〜10/29(金) ※約定日基準

概要

インターネットコースの個人のお客さまで、対象期間中にエントリーをし、はじめてor久しぶり※1に信用取引※2された方の信用取引手数料をキャッシュバック(上限5,000円)いたします。

  • ※1 久しぶりとは、直近1年以内(2020/9/16(水)〜2021/9/15(水)までの期間)に、信用取引(新規買、新規売、返済買、返済売、現引、現渡)をされていない方を指します
  • ※2 信用取引とは、信用新規買、信用新規売、信用返済買、信用返済売を指します

特典

対象期間中の信用取引手数料キャッシュバック(上限5,000円)

  • ※キャッシュバックする手数料は、手数料にかかる消費税も加えた金額となります。信用取引において必要となる取引手数料以外のその他諸費用はキャッシュバックの対象にはなりません。

入金予定日

11月下旬頃に証券総合口座に入金(予定)

注意事項

  • 本キャンペーンの対象は個人のお客さまとなります。
  • ※ダイレクト、IFA、対面コースのお客さまは本キャンペーンの対象外となります。
  • ※お電話(注文専用デスク)でのご注文は対象外となります。
  • 本キャンペーンはエントリーが必要です。
  • ※エントリー期限内であれば、エントリーとお取引の順番は問いません。
  • 約定時点では通常の手数料(税込)が徴収されます。
  • 既に信用口座をお持ちのお客さま、キャンペーン対象期間中に新たに信用取引口座を開設されたお客さま、いずれも対象となります。
  • 対象期間内に約定した注文がキャッシュバックの適用対象となります。対象期間内の注文であっても、対象期間終了時点で未約定のものについては適用対象外となります。
  • キャッシュバックはSBI証券のお客さまの証券総合口座へ入金いたします。
  • 信用取引手数料とは別に必要となるその他諸費用はキャッシュバックの対象外です。
  • キャッシュバック入金後、当社WEBサイト>メッセージボックス(当社からのお知らせ)にキャッシュバックの入金が完了したことをご連絡いたします。
  • 入金時に証券総合口座を閉鎖されている場合は、キャッシュバックの対象外となります。
  • 本キャンペーンの内容は、予告なく変更又は中止となる場合がございますので予めご了承ください。
  • キャッシュバックの入金日に関するご質問・ご確認等は、お受けいたしかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • キャッシュバックの金額は雑所得となります。お客さまによっては確定申告が必要となる場合がございます。
  • 本キャンペーンにより、当社の実施する他のキャンペーンへの参加ができなくなる可能性があります。

※信用取引において必要となるその他諸費用の詳細は信用取引のサービス概要をご確認ください。

ご注意事項

  • 信用取引に関するリスク
    信用取引は、差し入れた委託保証金額の約3倍の取引を行うことができます。そのため、現物取引と比べて大きなリターンが期待できる反面、時として多額の損失が発生する可能性も含んでいます。また、信用取引の対象となっている株価の変動等により、その損失の額が、差し入れた委託保証金額を上回るおそれがあります。この場合は「追加保証金」を差し入れる必要があり状況が好転するか、あるいは建玉を決済しない限り損失が更に膨らむリスクを内包しています。
     追加保証金等自動振替サービスは追加保証金が発生した際に便利なサービスです。
  • 信用取引の「二階建て」に関するご注意
    委託保証金として差し入れられている代用有価証券と同一銘柄の信用買建を行うことを「二階建て」と呼びます。当該銘柄の株価が下落しますと信用建玉の評価損と代用有価証券の評価額の減少が同時に発生し、急激に委託保証金率が低下します。また、このような状況下でお客さま自らの担保処分による売却や、場合によっては「追加保証金」の未入金によって強制決済による売却が行われるような事態になりますと、当該株式の価格下落に拍車をかけ、思わぬ損失を被ることも考えられます。よって、二階建てのお取引については、十分ご注意ください。

お客様サイトへログイン

  • 【新トレーディングツールHYPER SBI 2】先行利用者を募集します

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.