SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-04-20 00:08:16

外国株式 > 米国株式信用取引 サービス概要

米国株式信用取引

米国株式信用取引は、現金や米国株式を担保として証券会社に預けることにより、その担保合計金額の約2倍の購入資金や株式を借りてお取引いただけます。

米国株式信用取引口座の開設はこちら

※米国株式信用取引において必要となるその他諸費用の詳細は信用取引のサービス概要をご確認ください。

※口座開設基準はこちらをご確認ください。

米国株式信用取引のサービス概要

取引チャネル

外貨建商品取引サイト(PC)新しいウィンドウで開きます。

スマートフォンアプリ「米国株アプリ」(iOS/Andoroid)

取扱銘柄

日本証券業協会が定める「銘柄選定等に係るガイドライン」に基づき、当社が別に定める「銘柄の選定基準及び新規建て注文の受託禁止基準」により、当社が選定した銘柄に限ります。

対象銘柄はこちら新しいウィンドウで開きます。

※米株信用取扱銘柄は1ヵ月に1回程度の頻度で更新します。

特定口座

特定口座開設者は特定預りのみ、特定口座未開設者は一般預りのみ選択が可能です

注文の種類

指値・成行・逆指値

注文有効期限

当日中もしくは期間指定 (発注日を含めて最長90現地営業日まで指定可能)

取引時間

標準時間 :23:30〜6:00
サマータイム :22:30〜5:00
(現地時間9:30〜16:00)

注文受付時間

米国営業日の以下を除く時間帯
・日本時間19:00〜19:30(予定)
・日本時間での取引終了後から10:30頃まで(状況によって前後する可能性があります)

呼び値

1セント単位

取引単位

1株以上、1株単位

【新規建注文】
1注文の上限数量(当社):250,000単位
1注文の上限金額(当社):100万米ドル
【返済注文】
1注文の上限数量(当社):250,000単位
1注文の上限金額(取次先):2,000万米ドル

決済方法

米ドルによる「外貨決済」のみ

国内約定日・国内受渡日

当社の国内約定日は、お客さまのご注文が約定した米国営業日の翌国内営業日となります。
また、国内受渡日は国内約定日から起算して3国内営業日目となります。

注意喚起または取引制限

米国市場、米国市場を監督する監督官庁または日本証券業協会に準ずる現地自主規制機関から個別銘柄に係る注意喚起または取引制限が行われている銘柄については、「本日の注意銘柄」に掲載いたしますので必ずご確認ください。
以下のページ(英語のページ)もご確認ください。

ニューヨーク証券取引所
上場基準に不適合な発行体又は適時開示書類の提出が遅れている発行体の情報
https://www.nyse.com/regulation/noncompliant-issuers新しいウィンドウで開きます。
上場廃止する発行体の情報
https://www.nyse.com/regulation/delistings新しいウィンドウで開きます。
NASDAQ
上場基準に不適合な発行体の情報
https://listingcenter.nasdaq.com/noncompliantcompanylist.aspx新しいウィンドウで開きます。
上場廃止する発行体又は取引が一時停止されている銘柄等の情報
https://listingcenter.nasdaq.com/IssuersPendingSuspensionDelisting.aspx新しいウィンドウで開きます。

SEC
投資家向けアラート
https://www.sec.gov/investor/alerts/trading%20and%20markets新しいウィンドウで開きます。

FINRA
投資家向けアラート
https://www.finra.org/investors/alerts新しいウィンドウで開きます。

米国市場の売買停止時の未約定注文の取扱い

米国市場が売買停止(サーキット・ブレイカーの発動によるものを含む。)を行った場合における米国株式信用取引に係る未約定注文は、当社側で失効等の特段の処理を行いません。ただし、売買停止発動時点で未約定のご注文及び売買停止発動中に受注したご注文は、取引所から注文が取消され、失効している可能性があります。

取引区分/返済期限

取引区分 一般信用
取引種類 新規買、返済売 新規売、返済買
返済期限(※) 無期限 6ヵ月

※当社が独自の判断により返済期限を設ける場合には、原則として3ヵ月前までにその旨を通知いたします。
※売建玉においては株券が在庫不足となる可能性が確認された場合、当社にて強制返済する場合がありますのでご注意ください。

コーポレートアクション

・米株信用取扱銘柄に合併、株式交換、株式移転、株式併合(減資)、上場廃止、株式分割が行われる場合、または有償増資・単元株式数の変更・会社分割、スピンオフ(会社分割、子会社株式分配等)及び現地ティッカーシンボルの変更等のコーポレートアクションが発生すると当社が合理的な根拠に基づき判断した場合には、対象となる銘柄に次のような措置が行われますので、当社ウェブサイトの『メッセージボックス』へのご連絡及び「本日の注意銘柄」を必ずご確認ください。
①遅滞なく新規建てを停止いたします。
②当社の裁量により返済期限を別途設けます(短縮します)。

・米株信用取扱銘柄に係る剰余金の配当その他の金銭の交付が行われた場合及び、株式分割等により株式を受け取る権利その他の権利が付与された場合は、日本証券業協会が定める「権利処理ガイドライン」に基づいて権利処理を行います。

建玉限度額

建玉代金の総額は当社の定める範囲内 = 300万ドル
(所定の審査後に、建玉限度額の増額が可能です。)

※法人口座の建玉限度額は100万ドルとなります。
※建玉限度額を超えることとなる新規建のご注文はできません。
※建玉限度額の増額を希望されるお客さまは、カスタマーサービスセンターにその旨をお申し出ください。所定の審査を行い当社が承認した場合に限り、建玉限度額の増額を行うことができます。審査の結果、建玉限度額の増額を行うことができない場合がありますが、当社はその事由を開示いたしません。
※建玉限度額の増額を行ったお客さまであっても、与信管理の観点から銘柄別、及び/またはお客さま毎に建玉を制限することがあります。

委託保証金

最低委託保証金 2,500ドル(2022/7/1時点)
※30万円相当以上の額として当社が定める米ドル額となります。為替情勢の変動により最低委託保証金を変更する場合がございます。
委託保証金率 51%以上
最低委託保証金率(維持率) 30%
※建玉の評価損の拡大により現地取引終了後のお客さまの委託保証金率が30%を下回った場合には、30%を回復するまで追加保証金を差し入れていただきます。

委託保証金として受け入れることのできる金銭は、米ドルに限ります。円貨による受入はできませんので、ご了承ください。
(米ドルお預り金は自動的に委託保証金にはなりません。お客さまご自身で振替いただく必要がございます。)

代用有価証券

保有している米国株式を時価評価し、保証金として差し入れることができます。
代用有価証券の評価額は、原則、前日終値の70%を乗じた価格となります。
※コーポレートアクション等により直近の終値を取得できない場合は、当社の判断により代用掛目を引き下げる場合があります。
※その他にも、当社の判断により代用有価証券の掛目を引き下げる場合があります。詳細については、「米国株式信用取引 代用有価証券に係るお知らせ(2023年3月17日(金)以降)」をご確認ください。
※米国貸株サービスをご利用中の場合、代用有価証券への振替はできず、解約手続き完了日(毎月25日(休日の場合、翌営業日))の翌日より代用有価証券への振替が可能となります。なお、米国貸株サービスの解約をご希望の場合は、当社WEBサイトにログイン後、「口座管理」>「お客さま情報 設定・変更」>「お取引関連・口座情報」画面の「米国貸株サービス(カストック【Kastock】)」欄の「解約」からお申し込みください。

追加保証金(追証)

■ 追加保証金(追証)の差し入れ
建玉の評価損の拡大等により、現地取引終了後のお客さまの委託保証金率が30%を下回った場合には、30%を回復するまで追加保証金を差し入れていただきます。

追加保証金は、各現地取引日の取引時間終了後(日本時間の朝9時頃)に概算判定された金額が通知され、当該現地取引日の翌国内営業日(追証確定日)のシステムメンテナンス終了後19時30分頃に諸経費が加味された確定金額を当社ウェブサイト上に表示いたしますので、必ずご確認ください。
追加保証金が発生した場合には、追証解消期限(追証確定日の翌国内営業日)までに、以下①〜④のいずれか(または組み合わせ)の方法により解消いただく必要があります。なお、各方法により対応いただく時限が異なりますので十分ご注意ください。

① 円お預り金で為替取引を行ったうえで米ドルお預り金から振替(※1、2、3)
② 米ドルお預り金(出金可能額)から振替(※3)
③ 住信SBIネット銀行、SBI新生銀行からの外貨入金(米ドル)(※4、5)
④ 米国株式(保護預り)の代用預りへの振替(※3)
⑤ 建玉の全部または一部の反対売買による決済(※6、7)


※1 為替取引日の当日には委託保証金に反映しません。最短でも翌国内営業日となります。また、為替取引後にお客さまご自身で米ドルお預かり金から委託保証金への振替が必要です。為替取引を行っていただいた後、すぐには委託保証金への振替ができません。為替取引後、米ドルお預り金から委託保証金への振替が可能となる時間は下表のとおりです。為替取引についての詳細は、別に定める「為替取引に関する説明書新しいウィンドウで開きます。」をご確認ください。

為替取引の時間 米ドルお預り金から委託保証金への振替が可能となる時間
毎国内営業日0時〜15時より前*1
(月曜日は7時〜)
為替取引日当日17時30分以降
(為替取引日の翌国内営業日が米国の銀行の休業日の場合、当該翌国内営業日17時30分以降)
・毎国内営業日15時〜24時*2
・土曜日0時〜6時30分*3
・国内祝日0時〜24時(終日)
為替取引日の翌国内営業日17時30分以降
(為替取引日の翌々国内営業日が米国の銀行の休業日の場合、当該翌々国内営業日17時30分以降)
*1 6時30分〜7時(夏時間5時30分〜6時)は、定期システムメンテナンスのため為替取引をご利用いただけません。
*2 毎日19時〜19時30分は、定期システムメンテナンスのため為替取引をご利用いただけません。
*3 夏時間の場合には、5時30分となります。


※2 概算判定された金額が表示されたタイミング(追証確定日の9時頃)以降、同日15時より前のタイミングで為替取引を行う必要があります。為替取引を行った後、同日17時30分以降、翌国内営業日17時30分より前に、お客さまご自身で米ドルお預り金から委託保証金への振替指示が必要となります。

● 追証確定日の15時以降や追加保証金の確定金額が画面表示された後(追証確定日のシステムメンテナンス終了後19時30分頃)に当社で為替取引を行うと、米ドルお預り金から委託保証金の振替が可能となるのは、最短で翌々国内営業日の17時30分以降となりますので、追証解消期限に間に合いません。
● 概算判定された金額に諸経費が加算された金額が確定の追加保証金となりますので、概算金額と同額では必要入金額に不足しますので、余裕を持った金額で為替取引を行ってください。
● 追証確定日の翌国内営業日が米国の銀行の休業日に該当する場合、為替取引の受渡が行われないことから、この方法では追証解消期限までの入金ができません。別の方法でのご入金が必要です。
※3 国内営業日17時30分までに受け付けた米ドルお預り金、米国株式(保護預り)の振替は、当日に反映しますが、同時刻を過ぎて受け付けた振替は、翌国内営業日の反映となります。追証解消期限の日の17時30分より前に、お客さまご自身での振替指示が必要となります。
※4 住信SBIネット銀行、SBI新生銀行からの外貨入金の入金先に「米株信用取引保証金」を指定した場合に限ります。なお、米ドルお預り金不足(マイナス)が発生している場合には、当該不足額を解消したうえでご入金ください。
※5 国内営業日15時までに当社が着金を確認した場合は当日付で反映しますが、同時刻を過ぎた場合は、翌国内営業日付での反映となります。追証解消期限の日の15時より前に、お客さまご自身での入金指示が必要となります。
※6 信用建玉の反対売買による決済を行った際は、当該建玉代金の30%相当額を追加保証金額に充当できます。追証確定日以降追証解消期限の日までに現地営業日が無かった場合には、決済を行うことができず、この方法では追証解消期限までの入金ができません。別の方法でのご入金が必要です。
※7 信用建玉の反対売買により発生した決済益は、追加保証金額には充当できません。


● 追加保証金は、その後の株価の値上がり等により委託保証金率が30%を回復した場合でも、解消とはなりません。ご入金等による追加保証金の解消が必要となります。
● 追加保証金が発生した場合には、その後の新規建のご注文はお受けできません。また、追証解消期限までに、追加保証金の解消が当社にて確認ができない間は、現物株式等の買付けのご注文及び出金はお受けしません。
● 追証解消期限までに、追加保証金の解消が確認できないことにより行われた取引制限を解除するには、改めて審査が必要となる場合があります。

■ 強制返済
追証解消期限(追証確定日の翌国内営業日)の翌国内営業日17時30分(差入期限)までに、当社にて追加保証金の解消が確認できない場合、全ての建玉は反対売買にて決済いたします。

追証解消期限に間に合わなかった場合に、追加保証金差入期限までに追加保証金を解消する方法は、下表のとおりです。
円お預り金で為替取引を行ったうえで米ドルお預り金から振替 追証確定日の15時以降、追証解消期限の日の15時より前のタイミングで為替取引を行う必要があります。追証解消期限の日の15時より前に為替取引を行った後、同日17時30分以降、翌国内営業日17時30分より前に、お客さまご自身で米ドルお預り金から委託保証金への振替指示が必要となります。為替取引を行っていただいた後、すぐには委託保証金への振替ができませんので十分ご注意ください。

●追加保証金差入期限の日が米国の銀行の休業日に該当する場合、為替取引の受渡が行われないことから、この方法では差入期限までの入金ができません。別の方法でのご入金が必要です。
米ドルお預り金(出金可能額)からの振替 追加保証金差入期限の日の17時30分より前に、お客さまご自身で米ドルお預り金から委託保証金への振替指示が必要となります。
住信SBIネット銀行、SBI新生銀行からの外貨入金(米ドル) 追加保証金差入期限の日の15時より前に、お客さまご自身で住信SBIネット銀行、SBI新生銀行からの外貨入金の入金先に「米株信用取引保証金」を指定してのご入金が必要となります。
米国株式(保護預り)の代用預りへの振替 追加保証金差入期限の日の17時30分より前に、お客さまご自身で保護預りから代用預りへの米国株式の振替指示が必要となります。
建玉の全部または一部の反対売買による決済 追証解消期限の日の現地営業日に信用建玉の決済を行った場合は、当該建玉代金の30%相当額を追加保証金額に充当できます。

●追証解消期限の日以降追加保証金差入期限までに現地営業日が無かった場合には、決済を行うことができず、この方法では追証解消期限差入期限までの入金ができません。別の方法でのご入金が必要です。

■ 強制返済による米ドルお預り金不足
強制返済により決済損が発生した場合、委託保証金現金で当該決済損を充当できず米ドルお預り金不足(マイナス)が発生する場合は、以下①〜 ③のいずれか(または組み合わせ)の方法で不足金額を当該国内受渡日までにご入金いただく必要があります。なお、各方法により対応いただく時限が異なりますので十分ご注意ください。

① 円お預り金等での為替取引(※1)
② 住信SBIネット銀行、SBI新生銀行からの外貨入金(米ドル)(※2、3)
③ お預り証券(米ドル建MMFを含む)の売却(※4)

※1 強制返済の国内約定日の翌国内営業日(強制決済の国内受渡日が米国の銀行の休業日の場合には強制返済の国内約定日)の15時より前までの為替取引が必要です。
※2 住信SBIネット銀行、SBI新生銀行からの外貨入金の入金先に「預り金」を指定した場合に限ります。
※3 国内営業日15時までに当社が着金を確認した場合は当日付で反映しますが、同時刻を過ぎた場合は、翌国内営業日付での反映となります。当該強制返済の国内受渡日の15時より前に、お客さまご自身でのご入金指示が必要となります。
※4 売却したお預り証券の国内受渡日に米ドルお預り金となります。このため、お預り証券売却の国内受渡日が決済損金の国内受渡日以前となるよう売却していただく必要がありますのでご注意ください。


■ 米ドルお預り金不足の為替取引
国内受渡日の18時においても米ドルお預り金不足(マイナス)が解消されていない場合は、証券総合口座内の円貨の残高の有無にかかわらず自動的に為替取引(リアルタイム為替取引)が行われ(1米ドル当たり0.25円の為替スプレッドがかかります。)、円貨を米ドルに転換のうえで当該マイナスの金額に充当いたします。当該為替取引の結果、証券総合口座の残高がマイナスとなった場合には、その金額を円貨でご入金いただく必要があります。

新規建不足

■新規建不足の差し入れ
急激な相場変動等によって注文受注時に拘束した信用建余力以上の金額で約定する可能性があります。当該約定の結果、委託保証金率が50%を下回る場合には、50%を回復するまで委託保証金を差し入れていただきます。

新規建不足が発生した場合には、ログイン後のメッセージボックスに新規建て不足金額等をご連絡いたします。
国内受渡日(国内約定日から起算して3営業日目)までに、以下@〜Bのいずれか(または組み合わせ)の方法により解消いただく必要があります。手続き上のご注意事項等、詳細はこちらをご確認ください。

①米ドルお預り金からの振替
②住信SBIネット銀行、SBI新生銀行からの外貨入金(米ドル)
③米国株式(保護預り)の代用預りへの振替
④建玉(新規建不足の原因となった建玉以外)の全部または一部の反対売買による決済

■取引制限
当社にて新規建不足を確認後、新規建のご注文および現物株式等の買付のご注文の取引制限を実施いたします。なお当社で解消を確認後、順次、取引制限を解除いたします。お取引をお急ぎの場合は、各コースのお問い合わせ先にご連絡お願いいたします。

手数料

約定代金の0.30%(税込0.33%)

最低手数料:0ドル
上限手数料:15ドル(税込16.5ドル)

※当社取引手数料の端数処理の関係上、最低手数料0米ドルが適用されるお取引は、約定代金が3.03米ドル以下のお取引になります。

条件達成で1ヵ月間、信用取引手数料0ドルとなります。詳細はこちら

金利(年率)

4.50%

※当初は特別金利4.5%を適用いたします。
※金利はその時々の金利情勢等に基づき当社が定めた率とし、適宜変更いたします。変更を行う場合は、変更後の金利、適用日を事前にWEBサイト等でお客さまにお知らせいたします。
※金利が変更された場合、既存の建玉については、変更日から変更後の金利が適用されます。

※条件達成で1ヵ月間、優遇金利4%を適用いたします。詳細はこちら



(計算式)
買方金利額 = 新規建約定金額 × 買方金利 × 日数※/365

※日数は新規建国内受渡日から決済国内受渡日まで両端入れによって算出が適用されます。

貸株料率(年率)

2%

※条件達成で1ヵ月間、優遇貸株料1%を適用いたします。詳細はこちら



(計算式)
貸株料額 = 新規建約定金額 × 貸株料率 × 日数※/365


※日数は新規建国内受渡日から決済国内受渡日まで両端入れによって算出されます。

その他費用
(管理費・権利処理等手数料)

■ 管理費
当面の間、無料といたします。

■ 権利処理等手数料
当面の間、無料といたします。

成行注文、信用売建に関するご注意事項

ご注文について

米国の市場では日本の市場と異なり、個別銘柄ごとのストップ高、ストップ安がないため、成行注文の場合、現在値と著しく異なる値段で約定する可能性があります。また、信用新規売り注文の指値価格(逆指値での指値注文含む)は、株価の下限を指定したご注文のため、指値価格よりも高い価格で約定する場合があります。
そのため信用新規買い・新規売りの成行注文発注時、および信用新規売りの指値注文時は上乗せレートを加味した金額で余力拘束を行いますが、急激な相場変動により、受注時に拘束した価格以上で約定する可能性があります。
約定の結果、委託保証金率が50%を下回る場合には、50%を回復するまで委託保証金を差し入れていただきます。
新規建不足についてはこちら

余力拘束について

以下の計算式で算出した金額の余力拘束を行います。

■信用新規買い・新規売りの成行注文の場合
<寄付前>
前営業日の終値×上乗せレート(115%)×株数
<寄付後/ザラ場中>
注文時点の直近価格(米ドル)×上乗せレート(115%)×株数

■信用新規売りの指値注文の場合
基準価格(米ドル)×上乗せレート(115%)×株数

※基準価格は指値価格または株価(直近価格または前日終値)を比較し高い価格となります。
※上乗せレートは変更となる場合があります。

ご注意事項

  • 米国株式信用取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネル、取引プランや売買代金等により異なることから記載しておりません)。
  • お取引に伴う為替取引には、当社為替スプレッドがかかります。当社為替スプレッドについてはこちら新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。

米国株式信用取引に関するリスク

  • 米国株式信用取引は、株価や為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
    米国株式信用取引は、多額の利益が得られることもある反面、多額の損失が発生する可能性をも合わせもつ取引です。特に、米国市場には値幅制限(ストップ高・ストップ安)がないため、株価の極端な急騰や急落が発生する可能性があります。
  • 米国株式信用取引にあたっては、売買代金の51%以上で、かつ30万円相当以上の額として当社が定める米ドル額の保証金(有価証券により代用することが可能です)を差し入れていただく必要があります(取引保証金の額の約2倍の取引が可能です)。
  • 米国株式信用取引では株価の変動等により差し入れた保証金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

米国株式信用取引の「二階建て」に関するご注意
委託保証金として差し入れられている代用有価証券と同一銘柄の信用買建を行うことを「二階建て」と呼びます。当該銘柄の株価が下落しますと信用建玉の評価損と代用有価証券の評価額の減少が同時に発生し、急激に委託保証金率が低下します。また、このような状況下でお客さま自らの担保処分による売却や、場合によっては「追加保証金」の未入金によって強制決済による売却が行われるような事態になりますと、当該株式の価格下落に拍車をかけ、思わぬ損失を被ることも考えられますので、二階建てのお取引については十分ご注意ください。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示新しいウィンドウで開きます。又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
システム障害時の対応

外国株式の投資情報

  • 【当選確率最大+5倍!?】最大10万円が当たる!SBIセレクト買付応援キャンペーン

銘柄追加のご要望はこちらのフォームからお寄せください。

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.