SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-19 19:43:58

国内株式 > レバレッジ・インバース型商品等の信用取引に係る委託保証金率の見直しについて(2023/1/10〜)

レバレッジ・インバース型商品等の信用取引に係る委託保証金率の見直しについて(2023/1/10〜)

内閣府令の改正により、2023年1月10日(火)よりレバレッジ商品等の信用取引に係る委託保証金が引き上げられます。
レバレッジ型ETF等の指標の倍率により、委託保証金率が変わります。

レバレッジ・インバース型商品等の信用取引規制のポイント

「金融商品取引法第百六十一条の二に規定する取引及びその保証金に関する内閣府令」において、レバレッジ指標等に連動することを目的とするETF及びETNの信用取引に係る委託保証金率が見直されることが予定されております。そのため、東京証券取引所においても委託保証金率の見直しが実施されます。

● 2023年1月10日(火)よりレバレッジ・インバース型商品等の委託保証率が引き上げられます。
● 2023年1月6日(金)大引け時点で保有している信用建玉の委託保証金率に影響はありません。
● 制度施行日2023年1月10日(火)以降を指定日とした対象銘柄の信用新規建注文(予約注文含)は、以下の期間で注文不可となります。
2022年12月15日(木)15:00〜2023年1月6日(金)16:00

2023年1月10日(火)よりレバレッジ・インバース型商品等の委託保証率が引き上げられます。

現在、東証に上場しているレバレッジ・インバース型商品の委託保証金率は30%です。対象指標に対する倍率が2倍の銘柄の場合、委託保証金率は60%になります。

  • ※ レバレッジ・インバース型商品等に係る商品の特性とリスク等詳細はこちら 新しいウィンドウで開きます。

2023年1月6日(金)大引け時点で保有している信用建玉の委託保証金率に影響はありません。

委託保証金率の引き上げは、2023年1月10日(火)以降に新規建てした建玉が対象です。
変更前の2023年1月6日(金)時点で既に保有している建玉については、委託保証金率は30%のまま、2023年1月10日(火)以降も引き上げの対象にはなりません。

制度施行日2023年1月10日(火)以降を指定日とした対象銘柄の信用新規建注文(予約注文含)は、以下の対象期間で注文不可となります。

対象期間 : 2022年12月15日(木)15:00〜2023年1月6日(金)16:00

  • ※現物注文、信用取引の返済注文は影響ありません。

信用取引に係る委託保証金率の見直しの対象銘柄

委託保証金率の見直しの対象で2023年1月10日(火)より委託保証金率が60%となる銘柄は2022年12月5日(月)時点の対象レバレッジ・インバース型商品等

PDFです。新しいウィンドウで開きます。対象銘柄はこちら

対象銘柄の委託保証金率確認方法

個別銘柄が対象かどうかの確認、委託保証金率を確認する方法は、取引チャネルにより異なりますが、原則「取引注意情報」画面から確認ができます。

規制の対象になっている場合、「お知らせ」欄に「委託保証金率60%以上(当社においての委託保証金率は61%以上)」と記載されます。

委託保証金率表示イメージ画面

PCサイト 取引注意情報

銘柄検索 > 取引注意情報

株アプリ 取引注意情報

銘柄検索>!マーク > 取引注意情報あり

HYPER SBI

個別銘柄 > 銘柄検索 > 取引注意情報

HYPER SBI2

個別銘柄 > 銘柄検索 > 取引注意情報

ご注意事項

ETF・ETN取扱銘柄一覧における留意事項

  • 本情報は、Refinitiv社から提供を受けたデータ(以下「提供元データ」といいます。)、および提供元データを元に当社において加工したデータを表示しております。本情報の提供元データは、Refinitiv社が作成にあたり調査した時点の情報に基づくものです。したがって、本情報は現時点の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 「信託報酬」欄に表示される信託報酬率は、ファンドが投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対してかかる費用等は含まれておりません。当該銘柄の信託報酬率には※印を表示しており、投資家が実質的に負担する信託報酬率は「信託報酬詳細」欄に表示しております。その他、各表示項目の詳細は「ご利用方法・データの定義はこちら」をご確認ください。

ETF・ETN投資に関する留意事項

  • 元本保証はございません。
  • ETF・ETN一口当たりの純資産額と連動を目指す特定の株価指数等が乖離する可能性がございます。
  • 市場価格とETF・ETN一口当たりの純資産額が乖離する可能性がございます。
  • 日本取引所によるリンク債・OTCスワップ型ETF等の対応に係る通知については、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETFの信用リスク新しいウィンドウで開きます。(日本取引所グループのWEBサイト)
  • ETNは発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であることから、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETN価格の下落又は無価値となる可能性があります。ETNの投資リスクについては、下記WEBサイトをご確認ください。
    ETNの投資リスク新しいウィンドウで開きます。
  • ETNは、貸株サービスの非対象銘柄です。
  • レバレッジ型・インバース型 ETF等(ETN含む)は、主に短期売買により利益を得ることを目的とした商品です。レバレッジ指標の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率のレバレッジ倍(又はマイナスのレバレッジ倍)とは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。上記の理由から、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品といえます。投資経験があまりない個人投資家の方が資産形成のためにこうしたETF等を投資対象とする際には、取引の仕組みや内容を十分理解し、取引に伴うリスク・コストを十分に認識することが重要です。レバレッジ型・インバース型 ETF等に係る商品の特性とリスクについてはこちら新しいウィンドウで開きます。のリーフレットをあわせてご確認ください。
  • その他の事項につきましては、日本取引所グループのWEBサイトの「投資リスク」の欄や目論見書等でご確認ください。
    日本取引所グループのWEBサイト(ETF)はこちら 新しいウィンドウで開きます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
システム障害時の対応
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.