SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-01-20 09:43:52

iDeCo(個人型確定拠出年金) >  “守りの資産”として注目高まる「金投資」の魅力とは?

“守りの資産”として注目高まる「金投資」の魅力とは?

2017/08/18

iDeCo(個人型確定拠出年金)では原則60歳まで資金の引き出しができません。
長期での資産運用になるからこそ、運用商品選びは大切なポイントです。
そこで皆さまの年金資産運用にぜひ取り入れていただきたい「金投資」の魅力をご紹介します。

SBI証券 iDeCo(確定拠出年金)でも人気の「金投資」

SBI証券のiDeCoでは、2016/4/22より「三菱UFJ 純金ファンド (愛称:ファインゴールド)」を運用商品として取扱いしています。低コストのインデックスファンドが購入金額(掛金拠出)の人気上位を占める中で、当ファンドも2017年7月の購入金額ランキングで18位!
長期投資の手段として「金投資」を選択される方も多いようです。

【金投資の魅力】

1有効な分散投資手段

金は株式や債券といった他の主要資産と異なる値動きをする傾向があるため、分散投資手段として期待されます。

2有事の金

世界的な政情不安や紛争などの有事の際には、金は資金の逃避先として注目されます。

2インフレに強い

金は実物資産であり、それ自体に価値があるため、インフレに強いと考えられています。

「金投資」を取り入れることで、あなたの資産運用がより安定的に?!

資産運用をする上で「分散投資」が重要かつ効果的であることは、ご存知の方も多いと思います。 投資先を分散することでリスクを抑制する効果が期待されますが、今は地政学リスクや政治情勢によって一気にリスクオフが進み世界同時株安に陥る場面も多くなっています。

そんな時に、資産運用の安定性を高める投資先として人気と注目が集まるのが、株や債券とは異なる動きをする特性がある「金」への投資です!

例えば、日本株や先進国の株式と組み合わせて投資すると、どのような値動きになるのでしょうか。

TOPIXとの組合せ

先進国株式との組合せ

  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
  • 出所:三菱UFJ国際投信作成

株式だけではなく、金は債券やリートなどとも値動きの傾向が異なる特徴があります。
「相関係数」で見てみます。

相関係数とは・・・

  • md-l-vm相関とは、2つのものの間に関連があること。互いに影響し合うこと。
  • md-l-vm相関係数は、2資産の値動きの相関の度合いを数値で表したもの。
  • md-l-vm相関係数は、+1から−1の値で示される。
  • md-l-vm同一の方向に資産価格が動く場合、2資産の相関係数は+1、正反対の方向に動く場合、相関係数は−1の値となる。また、相関係数がプラスの値の場合、この数値が大きい(+1に近い)ほど同じ方向での相関が強いことを示し、数値が0に近いほど、相関が小さいことを示します。
    また、相関係数がマイナスの値の場合、この数値が小さい(−1に近い)ほど逆の方向での相関が強いことを示す。

各資産(円ベース)の相関係数(期間:2003年3月末〜2017年3月末)

  • ・各資産の月次騰落率の相関係数です。
  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
  • 出所:三菱UFJ国際投信作成

株や債券という、いわゆる「伝統資産」への投資に「金」を加えておくことで、他の資産が値下がりするときにも資産価値全体の目減りリスクを軽減させる保険のような効果が期待できます。

日経平均株価推移との比較

では、実際に金価格の推移を確認してみましょう。

  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
  • 出所:三菱UFJ国際投信データをもとにSBI証券作成

金は「有事の金」とも呼ばれ、危機が起きると買われ、価格が上昇する傾向があります。
上記グラフでも、国際緊張が高まったり、金融不安が生じた際、日経平均が下落しているのに対し、金価格が上昇してきたことがわかりますね。

とはいえ、危機の時に買えば価格の上昇は狙えますが、これから先、いつそのような状況になるかの予測はできません。
「金投資」を考える際には、大きな上昇を狙うのではなく、他の資産が値下がりするような局面でも、運用資産全体の価値下落のヘッジ目的で投資するというスタンスが重要です。
長期運用となるiDeCoでは、「資産の保険代わり」という位置づけでポートフォリオに「三菱UFJ 純金ファンド (愛称:ファインゴールド)」の組入れを検討いただければと思います。

ご注意事項

<投資信託に関するご注意事項>

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書等をよくお読みください。

<その他のご注意事項>

  • 確定拠出年金運営管理機関であるSBI証券は、お客さま(加入者等)に対して特定の商品への投資について指図を行うこと、または指図を行わないことを勧めるものではありません。
  • 掲載されている各コンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。
  • 投資対象、投資機会の選択などの投資に係る最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

お客様サイトへログイン

iDeCoサイトへログイン

iDeCo専用口座管理画面へのログインはこちらになります。

iDeCoログイン

iDeCoでの運用商品選びをサポート!「SBI-iDeCoロボ」
iDeCo加入者診断&節税シミュレーション
iDeCo online
確定拠出年金セミナー開催中!! 税制優遇を100%使いきる!
iDeCoで自分年金をつくる
個人型確定拠出年金ガイド

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.