SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-07-04 19:01:17

マーケット > 朝イチ情報

海外市況

米国株週間展望 (2022年7月4日〜2022年7月8日)

更新 : 2022/7/1 18:00
(通常毎週金曜日夜更新)

NYダウ
30日終値30775.43ドル(前週末終値比 -725.25)

<今週の動きと週間見通し>

米雇用統計でリセッションへの懸念を払しょくできるか

6月27−30日の米国株式市場で、NYダウは下落した。週明け27日は、NYダウが前週だけで1,600ドル超上昇した反動もあって利益確定売りが優勢となった。28日は、中国政府が入国時の隔離期間の短縮など行動規制の緩和を発表し、中国経済の減速懸念が和らいだことで買いが優勢となったが、米6月消費者信頼感指数の低下など消費者の景況感悪化を嫌気した売りが強まって軟化した。29日、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が「行き過ぎた利上げによる米景気後退(リセッション)よりも、高インフレの抑制に失敗するリスクへの懸念が大きい」と述べ、今後も積極的な金融引き締めが続けられるとの警戒感から売りが加速した。30日は、米5月個人消費支出(PCE)が弱い結果となり、リセッションへの警戒感から下値を探った。
パウエルFRB議長のほか、利上げに前向きな姿勢を示すFRB高官は多い。そんな中で個人消費に関連する経済指標に陰りがみえており、リセッションへの警戒感が高まっている。7月4−8日は、米6月ISM非製造業景気指数や米6月雇用統計などが発表を控える。ISM非製造業景気指数では支払価格がインフレの進展度合いを見極めるうえで注目される一方、雇用統計では平均時給の伸びが物価上昇に追いついていないと受け止められればリセッションへの警戒が一層高まりそうだ。
米雇用統計やISM非製造業景気指数のほか、6月14−15日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録なども公表される。

週間タイムテーブル

 海外国内
7月4日(月) 米国市場休場 6月マネタリーベース=8時50分
7月5日(火) 米5月製造業受注=23時 5月毎月勤労統計調査=8時30分
10年国債入札
◆決算発表=ウエルシアH(3141)
7月6日(水) 米6月ISM非製造業景況指数=23時
米5月JOLT求人件数=23時
6月J.P.モルガン・グローバル・コンポジットPMI=7日0時
6月14、15日開催のFOMC議事録=7日3時
トランプ政権が導入した対中制裁関税第一弾に対する意見および延長要請の提出期限
日銀「生活意識に関するアンケート調査」の結果
◆決算発表=イオン(8267)
7月7日(木) 米5月貿易収支=21時30分 6月都心オフィス空室率=11時
5月景気動向指数=14時
30年国債入札
◆決算発表=7&iHD(3382)
7月8日(金) 米6月雇用統計=21時30分
米5月消費者信用残高=9日4時
5月家計調査=8時30分
6月景気ウオッチャー調査=14時
オプションSQ◇パッシブ型ETF分配金支払日(1兆円強の資金捻出売りが発生)
◆決算発表=安川電(6506)
◆新規上場=INTLOOP(9556)
  • ※ 海外の時刻は日本時間。

提供:モーニングスター社


ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ご注意事項

ヘルプ

  • オンラインセミナー
  • 【米国株式信用取引リリース直前!】米国株式信用口座開設で200円相当の米ドルプレゼント!キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.