SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-10-21 11:01:07

マーケット > レポート > 相場の福の神が語る!日本株勝ち組投資術!

相場の福の神が語る!日本株勝ち組投資術!

「PER」で割高、割安を判断する

2013/10/9

割高・割安の2つの基準

株価が1,000円のA社と、株価が500円のB社があったとします。2つのうちどちらが割高でしょうか?
株価が高いのはA社ですが、株価だけでは割高・割安を判断できません。よって、どんな基準で割高・割安を判断するのか決める必要があります。
企業は、ストック(資産)とフロー(業績)の2面で評価することが出来ます。株主には、企業の利益から配分を貰う権利と、会社を解散して残った会社の資産の分配を受ける権利があるので、いくら資産を持っているのか=ストック(資産)といくら儲けることが出来るのか=フロー(業績)で評価することが重要になります。
今回は、フロー(業績)を基準にして、株価の割高・割安を判断する指標「PER(株価収益率)」を紹介しましょう。通常は「ピー・イー・アール」と読みますが、「パー」と読む場合もあります。

株価が利益の何倍か?

PERとは、株価が1株当たりの利益の何倍になっているのかを表したもので、数字が大きければ割高、数字が小さければ割安です。
1株当たり利益(EPS)とは、「純利益」を発行済株式数で割った数字です。

EPS計算式

EPS=純利益÷発行済株式数

PERの式は、いたって簡単です。

PER計算式

PER=株価÷1株当たりの利益(EPS)

逆に言えば、同じ利益が続くとすれば、株価が何年分の利益に相当するかということになります。
SBI証券のWEBサイトでは、個別銘柄の赤丸の部分に予想PERが表示されています。

予想PER参照方法(当社WEBサイト)

予想PER参照方法(当社WEBサイト)

500円の株より1,000円の株が割安

冒頭のA社のEPSが200円、B社の株が50円だとすると、それぞれのPERはどうなるのでしょうか?

A社 1,000円(株価)÷200円(EPS)= 5倍
B社  500円(株価)÷ 50円(EPS)=10倍

株価だけの比較ならA社のほうがB社よりも高いのですが、PERではA社5倍、B社10倍となり、B株のほうが割高となります。

B社の株価は利益の10年分、A社の株価は5年分で評価されているので、A社がB社並に評価されれば、この先上がる余地が大きいために、「よりオトク」というわけです。

PERの数字は、5倍だと割安、20倍だと割高と数字で決まるものではありません。比較によって決まるものです。
日本経済新聞のマーケット面には、各市場別のPERが掲載されています。2013年10月4日の朝刊(2013年10月3日終値基準)では、以下のようになっています。

日経平均採用銘柄  15.59倍
東証1部全銘柄 16.21倍
東証2部全銘柄 13.97倍
ジャスダック全銘柄 17.19倍

また、業種によっても異なりますので、比較して相対的な割高・割安をはかる指標として使用してください。

成長性が高く評価されている銘柄のPER

PERはあくまで、来年の予想1株利益での数字で計算されるものなので、その会社の成長性は全く数字に表れません。したがって、PERが高い銘柄は駄目な銘柄かというと、そうとも決め付けられません。
新興企業など、成長性が高く、今後利益が大幅に増えるであろうと評価されている企業のPERは50倍、100倍となっていることも珍しくありません。
こうした銘柄は割高として簡単に切り捨てるのも難しくなります。なぜなら、毎年2倍以上利益が増えるのであれば、現在が100倍だとしても、来年には25倍、再来年には12.5倍と市場平均よりも低くなることになるからです。

一方で、極端にPERの低い銘柄にも、問題がある可能性があります。PERを計算するのに必要な純利益は、例えば土地の売却益のような一過性の収益も入りますので、その年だけ特別に利益が出た場合などは、低い数字となります。また、投資家がその企業の成長性にまったく可能性を感じていない場合も低い数字となります。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
今回のワンポイント!

ご注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.