SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-03-27 21:29:46

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>3月27日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 前週末24日の米国株式は、NYダウが前日比59.86ドル安の2万596.72ドルと7日続落、ナスダック総合指数は同11.045ポイント高の5828.738ポイントと反発して取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が7億9124万株、ナスダック市場が18億8798万株だった。

 NYダウは、23日まで6日続落していたこともあり買いが先行。米2月耐久財受注が、季節調整済みで前月比1.7%増と市場予想平均の同1.3%増を上回ったことも好感され、一時60ドルを超える上昇を見せる場面もあった。ただ、取引終盤に医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の採決再延期が決まると、議会運営の先行きに対する不透明感が高まり、NYダウは下げに転じた。一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、マイクロソフトやフェイスブック、コムキャストなどが堅調だった。

 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、24日の大阪取引所終値比45円安の1万9095円だった。

 27日の東京株式は、弱含みの展開か。前週末24日の米国株式は、NYダウが7日続落。現地27日の米国株式の動きを見たいとして、模様眺めムードが広がる可能性もありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円台の後半(前週末24日終値111円33-35銭)と円高に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=120円台の前半(同119円93-97銭)と円安方向にある。対ドルでの円高も重しとなりそう。24日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でアドバンテスト<6857.T>、トヨタ<7203.T>、三住トラスト<8309.T>などが、24日の東京終値に比べ安い。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、24日の大阪取引所終値比45円安の1万9095円だった。


<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 TASAKI<7968.T>(監理)―1株2205円でMBO(経営陣による公開買い付け)を実施
 テクノスマート<6246.T>―17年3月期の期末配当予想を従来の普通配当6円に加え、特別配当6円を実施し合計で12円(前期は特別配当2円を含む合計7円)に増額

 ●マイナス材料
 洋鋼鈑<5453.T>―17年3月期の連結業績予想を下方修正、最終損益が赤字に転落へ
 池上通<6771.T>―17年3月期の連結業績予想を引き下げ、期末配当予想を従来の2円から1円(前期実績1円)に減額

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 弘電社<1948.T>が24日引け後、17年3月期連結業績予想の上方修正と期末配当予想の増額を発表した。

 業績予想は、営業利益を12億1000万円から16億円(前期比32.1%増)に、純利益を8億円から10億円(同25.0%増)に引き上げた。顧客密着型および採算性を重視した営業活動や施工管理・施工方法の改善による資材コストの圧縮等の工事原価低減策が奏功した。

 期末配当予想は前回予想の10円を12円(前期は8円)に増額、前期比4円の増配となる。

 24日の株価は、前日比3円高の339円ザラバ引け。株価は2月13日に5日・25日移動平均線がミニ・ゴールデンクロス(GC)を形成、3月13日に昨年来高値357円を付けた。その後は調整局面にあるが、好材料を手掛かりに反転上昇が期待できそうだ。

<ダイジェスト>


塩野義薬、オピオイド誘発性便秘症治療薬が米国FDAの承認を取得

更新 : 17/3/27 7:31

 塩野義製薬<4507.T>が24日、オピオイド誘発性便秘症治療薬「ナルデメジン」が米国FDA(食品医薬品局)より承認を取得し、欧州EMA(欧州医薬品庁)に販売承認申請が受理されたと発表した。

 米国では、成人非がん性慢性疼痛患者におけるオピオイド誘発性便秘症を適応症として承認を取得、欧州では、成人におけるオピオイド誘発性便秘症を適応症に予定している。

 24日の終値は、前日比143円高の5777円。


グリー、「ダンメモ」の配信を今夏に行うと発表、事前登録を3月24日から開始

更新 : 17/3/27 7:32

 グリー<3632.T>が24日、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか〜メモリア・フレーゼ〜」(以下「ダンメモ」)の配信を今夏に行うことを決定したと発表した。配信に先立ち事前登録を3月24日から開始するという。

 「ダンメモ」は、メーンストーリー、キャラクタークエスト、キャラクターストーリーの3つの要素で構成され、原作の大森藤ノ氏が完全監修し、ここでしか楽しめないオリジナルストーリーも展開される大型RPG作品になっているとする。

 24日の終値は、前日比22円高の740円。


大日印、利用者の好みに応じ配信する「DNPローカルメディア構築サービス」を開始

更新 : 17/3/27 7:33

 大日本印刷<7912.T>は24日、特定エリアの情報誌などの情報を収集、分類し、利用者の好みに応じて最適な情報を配信する「DNPローカルメディア構築サービス」を開始すると発表した。

 同社は、生活者の興味やサービスを利用する場所・タイミングに応じて、最適な情報をスマートフォンに配信するサービスを、「次世代のローカルメディア」づくり支援として開発。第1弾として、鉄道事業者向けに沿線のおでかけ情報や鉄道の運行情報などを生活者に配信するサービスが、阪急阪神ホールディングス<9042.T>グループの阪急電鉄が配信する「阪急沿線ナビ TOKKアプリ」に採用され、3月25日からスタート。鉄道事業者が扱う沿線情報誌、駅や沿線の看板、車内ディスプレーなどの広告媒体の情報を活用して、生活者が欲しい情報を、利用者の好みに応じて配信するという。

 24日の終値は、大日印が前日比7円高の1223円、阪急阪神は同55円高の3785円。


島津製、血管撮影装置向けの新画像処理技術を開発

更新 : 17/3/27 7:34

 島津製作所<7701.T>が24日、低侵襲・効率的な血管内治療を支援する血管撮影装置向けの新画像処理技術を開発したと発表した。

 同社の開発したのは、デジタル・サブトラクション血管造影法によって取得したX線画像に発生するアーチファクト(虚像)をリアルタイムで自動補正する技術と、心臓カテーテル治療においてX線照射量を増加させずに画像上のノイズを従来比で約50%低減してステントなどの視認性を向上させるPCI支援アプリケーション。

 24日の終値は、前日比18円高の1813円。


豊田織機、物流ソリューション事業の強化で蘭Vanderlande社を買収

更新 : 17/3/27 7:35

 豊田自動織機<6201.T>が24日、物流ソリューション事業の強化でオランダのVanderlande社を買収すると発表した。買収金額は約1400億円。

 Vanderlande社は小売業および小包・郵便事業向けの物流システムに強みを持ち、空港の旅客手荷物処理システムにおいても世界有数の企業。また、ソーター、コンベヤーなどの物流機器やソフトウエアをフルラインアップで自社開発・生産しているため、特に大規模プロジェクトの短期間での立ち上げに優れている。グローバルで50カ所の拠点を有し、16年の売上高は約1300億円。

 24日の終値は、前日比90円高の5570円。


アンジェスMG、「NF-κBデコイオリゴDNA」の臨床試験開始届をFDAに提出

更新 : 17/3/27 7:36

 アンジェス MG<4563.T>が24日、米国で実施を計画している「NF-κBデコイオリゴDNA」の椎間板性腰痛症に対する臨床試験について、現地23日にFDA(米食品医薬品局)へ新薬臨床試験開始届を提出したと発表した。

 同社は、炎症を抑える働きを持つ「NF-κBデコイオリゴDNA」を使った椎間板性腰痛症の治療薬開発を目指し、準備を進めてきた。今回の申請後、30日以内にFDAから通知がなければ、臨床試験実施が承認されたことになり、今年半ばからカリフォルニア州立大学サンディエゴ校などで第1b相臨床試験を開始する予定。

 24日の終値は、前日比5円高の254円。


大塚HD、新規抗精神病薬が統合失調症の適応で欧州医薬品庁が申請を受理

更新 : 17/3/27 7:37

 大塚ホールディングス<4578.T>が24日、新規抗精神病薬「ブレクスピプラゾール」が統合失調症の適応で欧州医薬品庁に申請を受理されたと発表した。

 同薬は、15年7月に米国で成人の大うつ病の補助療法と統合失調症の2つの適応で承認され、大塚製薬とルンドベック社が共同販売を実施。日本では、今年1月に成人統合失調症の適応で承認申請している。

 24日の終値は、前日比17円高の5092円。


弘電社、17年3月期連結業績予想の上方修正と期末配当予想を増額

更新 : 17/3/27 7:38

 弘電社<1948.T>が24日、17年3月期連結業績予想の上方修正と期末配当予想の増額を発表した。

 業績予想は、営業利益を12億1000万円から16億円(前期比32.1%増)に、純利益を8億円から10億円(同25.0%増)に引き上げた。顧客密着型および採算性を重視した営業活動や施工管理・施工方法の改善による資材コストの圧縮等の工事原価低減策が奏功した。

 期末配当予想は前回予想の10円を12円(前期は8円)に増額、前期比4円の増配となる。

 24日の株価は、前日比3円高の339円ザラバ引け。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 優待マスター桐谷さんと美人アナリスト三井さんの株主優待対談
  • 株主優待 つなぎ売り
  • 株主優待全力応援!SBI証券!

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.