SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-05-27 05:55:03

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>5月26日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 25日の米国株式は6日続伸した。NYダウが前日比70.53ドル高の2万1082.95ドルで取引を終了。ナスダック総合指数は同42.233ポイント高の6205.257ポイントと、16日に付けた史上最高値(6169.870ポイント)を更新し、6200ポイント台に乗せた。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億1453万株、ナスダック市場が19億8340万株だった。前日までの好地合いが継続し、買いが優勢の展開。好調な決算を発表した家電販売大手のベスト・バイや、小売大手のシアーズなどが買われた。週間の新規失業保険申請件数は、23万4000件と市場予想平均の23万8000件よりも良好だったことも好感された。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、アップルやアルファベット(グーグルの持株会社)、マイクロソフトなどが買われ、同指数の上昇をけん引した。

 26日の東京株式は、方向感の出づらい展開か。米国ではナスダック総合指数が最高値を更新し、NYダウも最高値を視界にとらえるなど、堅調な地合いが続いている。東京市場も米国株高の恩恵が期待されるものの、手掛かり材料難のうえ、心理的なフシ目の2万円を前にもみ合った水準に近づいたことから「戻り待ちの売りが優勢となりそう」(中堅証券)との声も聞かれ、上値は重そうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=111円台の後半(25日終値111円82-84銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=125円台の半ば(同125円71-75銭)と円高に振れている。25日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でLINE<3938.T>、パナソニック<6752.T>、ソニー<6758.T>などが、25日の東京終値に比べ高い。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、25日の大阪取引所終値比10円高の1万9810円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 セキュア<3042.T>―情報セキュリティーに精通した人材の育成・派遣を行う新会社キャリアヴェイルを設立、8月にも事業開始へ
 DWTI<4576.T>―眼科用鎮痛剤に関する用途特許が日本で特許査定を受ける

 ●マイナス材料
 ASJ<2351.T>―東京証券取引所は26日売買分から、信用取引による新規の売りおよび買いに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げ


 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 日本ヒューム<5262.T>が25日引け後、機動的な資本政策の遂行および株主還元を目的に28万株(自己株式を除く発行済み株式総数の1.1%)・2億円を上限に自社株買いを行うと発表した。取得期間は5月26日から18年3月3日。

 25日終値は前日比6円高の662円。株価は18日に5日・25日移動平均線がミニ・デッドクロス(DC)を形成、下げ足を速めたが、22日安値の651円で底打ちした。好材料を手掛かりに上昇トレンドへの転換が期待できそうだ。

<ダイジェスト>


ルネサス、長城汽車と共同開発に関する戦略的協業

更新 : 17/5/26 7:30

 ルネサスエレクトロニクス<6723.T>は25日、長城汽車と共同開発に関する戦略的協業を行うと発表した。

 共同開発は、中国における電気自動車やプラグインハイブリッド車といった新エネルギー車および自動運転車などの分野に向けた車載用半導体技術およびソリューション。両社のエンジニアで構成される共同開発チームは、(1)新エネルギー車の要となるシステム(2)高速かつ堅牢な通信を実現する車載ネットワークシステム(3)安全と快適を両立する次世代車載インフォテインメントシステム(4)自動運転の実現に必要な先進運転支援システム――の4つの分野での技術開発を進める。

 25日終値は前日比7円安の961円。


日立マクセル、世界初、充放電中のリチウムの動きを正負極同時にリアルタイム計測

更新 : 17/5/26 7:31

 日立マクセル<6810.T>は25日、世界で初めて、充放電中の電解液系リチウムイオン電池内部における、正極および負極内のリチウム濃度分布を、同時に同一視野内でリアルタイムに計測することに成功した、と発表した。

 この技術により、寿命特性・出力特性などのリチウムイオン電池に必要な基本性能を改善するとともに、発熱・発火の直接的な原因となるリチウムデンドライトの発生確率を大幅に低減し、大電流で使用されるすべてのリチウムイオン電池の安全性を飛躍的に向上させるための指針が得られるとしている。

 25日終値は前日比17円高の2182円。


トランスコス、マレーシアのフィンテック企業Soft Spaceと資本・業務提携

更新 : 17/5/26 7:32

 トランスコスモス<9715.T>は25日、マレーシアのフィンテック企業Soft Spaceと資本・業務提携を行うと発表した。

 資本提携は、同社がSoft Spaceに500万ドルを投資する。業務提携では、モバイル決済サービスを組み合わせたCRMソリューションを協業展開する。スマホアプリからのオンラインデータだけでなく、オフラインの購買データも活用した、広告・クーポン配信、ロイヤルティーマーケティング、チャットコミュニケーションなど効果的なオムニチャネルマーケティングやCRM活動を実現する。

 25日終値は前日比7円安の2425円。


富士ソフト、産学連携の研究開発拠点として電気通信大学オフィスを開設

更新 : 17/5/26 7:33

 富士ソフト<9749.T>は25日、産学連携の研究開発を行う新たな拠点として東京都調布市に電気通信大学オフィスを開設したと発表した。

 主な事業内容は通信・電波、人工知能関連の研究開発で、社員数はエンジニア約20人となっている。

 25日終値は前日比5円安の3265円。


日立金、ピストンリング材の需要拡大で日中で増産体制を強化

更新 : 17/5/26 7:34

 日立金属<5486.T>は25日、自動車エンジン向けのステンレス鋼ピストンリング材の需要拡大に対応し、日本および中国で増産体制を強化すると発表した。

 国内の安来工場および中国の製造拠点である日立金属科技に総額25億円規模の投資を行い増産体制を強化する。稼働時期は安来工場が18年度下期、科技が17年度下期。

 25日終値は前日比15円安の1460円。


NEC、「津波浸水・被害推計システム」が内閣府の「総合防災情報システム」に採用

更新 : 17/5/26 7:35

 NEC<6701.T>は25日、東北大学、大阪大学、国際航業、エイツーと「津波浸水・被害推計システム」を共同で開発、同システムが内閣府が運用する「総合防災情報システム」の一機能として採用されると発表した。

 同システムは地震発生直後に津波シミュレーションを行い、被害推計を行うもの。南海トラフ域で発生する地震を想定し、地震発生直後に総距離6000kmにおよぶ太平洋沿岸地域における津波被害の推計を地震発生から約30分以内で行う。30分以内の短時間で津波浸水被害推計を行うシステムは、世界初。

 25日終値は前日比変わらずの279円。


東芝機、1700万株の自己株式を消却へ

更新 : 17/5/26 7:36

 東芝機械<6104.T>は25日、1700万株(消却前発行済み株式総数の10.2%増)の自己株式を消却すると発表した。消却予定日は6月12日。

 25日終値は前日比2円高の489円。


日ヒュム、28万株・2億円を上限に自社株買い

更新 : 17/5/26 7:37

 日本ヒューム<5262.T>が25日、機動的な資本政策の遂行および株主還元を目的に28万株(自己株式を除く発行済み株式総数の1.1%)・2億円を上限に自社株買いを行うと発表した。取得期間は5月26日から18年3月3日。

 25日終値は前日比6円高の662円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • ハイリターンを狙う!レバレッジ型ETF
  • 成績表
  • ご紹介プログラム 今なら紹介を受けた方も現金獲得のチャンス!

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.